子どもができるSDGs02

sdgsSDGs

子ども達がママとできるSDGs第二弾は衣料品!!

みんな知ってたかな?みんなも聞いたことがあるH&M社が
母国の消費者庁から調査されたこと。

何を調査されたかっていうと・・・
作っている服をどれだけ捨てているか?!ということ。

実は多くの服をつくっているメーカーはみんなに販売するために
余剰在庫といわれる(販売する予定がない服)も
たくさんつくているのです。

そのお店に並ばなかった服を実は破棄していて・・・
すごい環境問題になっています。(汗)

最近はよくお店でも見かけるかな?いらなくなった服を回収します
(リサイクルの為に)って。それでもお店で売らなかった服は・・・破棄

なんでだろうね。

実は、たくさん作った方が→安い!!ブランドの価値を守るため安売りをしない!!そして、ほかのお店が売りたいといっても正規ルート以外お断り。

必要な枚数だけ作ると一枚一枚の服の値段が高くなっちゃうから
企業は一度にたくさんつくって調整しています。

そしてリサイクルするよりも破棄した方が・・・またまた安い

これの繰り返しで服を作っているメーカーは環境問題にしっかりと
取り組むことを求められています。

私たちができることは・・・
1.ポリエステル製品の服を選ばないようにしていく
→これもマイクロプラスチックの原因に!!
2.服をサイクルして違う形でつかってみる!!
→たとえばカイワレ大根やネギは服の生地を切って裁縫したら植物が育ちます。
※実は災害時のろ過措置のフィルターとしても使えるんです!!

昔は雑巾にしている方が多かったけど、みんながママと一緒に
できることはお野菜の種を育てる生地にすることがおススメかも!!

夏場なんかは鉢植えの上に生地を湿らして土の上に
かぶせておくと木々がよく育ちますよ。

地球の限りある資源を大切に

記事作成者へのアクセスはコチラになります
Instagram:職業トナカイ
社会起業家プログラム:トントゥプロジェクト(有料)
(ボランティアじゃない社会事業でLet’SDGs)

SDGs
スポンサーリンク
シェアする
SDGs Labをフォローする
SDGs,Lab