貧困の種類

sdgsSDGs

貧困の基準は1.9ドル未満か1.25ドル未満か
SDGsで掲げているターゲットは1.25ドル未満で
一日を生活する極度の貧困状態にある方を示します。

「ターゲット1.2で示される各国の定義に該当するあらゆる貧困とは?」

主に食料・医療・教育・仕事・居住・・・必要なエネルギーや水
これらの健康に生きていく為に必要な環境基準を示します。

ん?もしかしてこの基準だと日本は貧困に該当しない??
そう!SDGsの掲げるターゲットは主に絶対的貧困を示しています。
(世界の国々で比較した時の安全に生きられる基準)

そして日本で言われる多くの貧困は相対的貧困が示されています。
(同国の他者と比べての水準)
(等価可処分所得が約127万円未満-2018年の中央値254万円)

少し難しくなりましたが、日本のSDG1は主に中央値から半分の金額
世帯数や収入で見たときに1人当たり127万円未満で生活する人々の事
月に10万円前後で生活を余儀なくされている状況の方を想像してみて
ください、この方々の等価可処分所得が254万円にする社会事業が日本
国内で責任を果たすSDG1に該当してきます。

記事作成者へのアクセスはコチラになります
Instagram:職業トナカイ
社会起業家プログラム:トントゥプロジェクト(有料)
(ボランティアじゃない社会事業でLet’SDGs)

SDGs
スポンサーリンク
シェアする
SDGs Labをフォローする
SDGs,Lab